老後の安らぎは国民すべての願いである。公的年金によって老後設計の基本線が確保されることの意義は計りしれないほど大きい

自己紹介

          
過去のお知らせ一覧はこちら
2022.03.30 新聞記事 2022年4月から年金制度の一部が変更となります。そのことを踏まえて行われた高山に対するインタビュー記事が同年3月30日付けの読売新聞朝刊(23面の社会保障欄)に掲載されました
2022.01.12 講義資料 「公的年金の現状と課題」をアップしました
2021.12.28 コラム記事 年金シニアプラン総合研究機構のHPに「くらしと仕事に関するインターネット調査」の調査結果を7回に分けてコラム記事(「高年齢者の大半は運動不足の状態にある」など)として掲載しました
2021.11.25 雑誌論文 「加入者目線から見た公的年金制度」が共済新報11月号に掲載されました
2021.10.31 雑誌記事 「第1回日本統計学会中村驩p賞 受賞のことば」が日本統計学会会報に掲載されました
2021.09.08 ニュース 日本統計学会中村隆英賞の第1回目の受賞者に選定され、その授賞式が2021年9月6日に行われました
2021.07.13 DP 「公的年金の周知度に関するインターネット調査:調査の概要および主要な調査結果等」をアップしました
2021.02.09 DP 「Adequacy Issues on Social Security Pensions」をアップしました
2022.01.12 公的年金の現状と課題NEW
世代間問題研究プロジェクト 世代間問題研究機構 財団法人年金シニアプラン総合研究機構 一橋大学 経済研究所

このページの先頭へ戻る